脂肪は肝機能の低下につながる

人間の食べ物によっては、多くの脂肪が含まれている場合もあります。人間が取り込んだ脂肪は小腸という器官で分解をされて、分解された物質が肝臓に送られます。

 

脂肪の多い食事を続けていれば、直接的に脂肪が肝臓に付着しやすくなります。脂肪酸を含んだ成分が直接肝臓に多く送られる事で、肝臓が分解する能力を失っていきます。また、糖分の取り過ぎや食べすぎによって、エネルギーが体内に溜まっていって肝機能の低下に繋がる場合もあります。

 

アルコールの飲みすぎで、肝機能の低下が起こることは昔から知られていたが、最近は肥満によって肝機能の低下に繋がっている人が多くなっています。現代人の食生活に関して、油分の比較的多い洋食を中心とした食事になったり、ケーキなどの糖分や脂肪分が多い食事を摂取する傾向です。昔は男性が多量のアルコールを摂取する事で、肝機能の低下の一因になっていたが、最近は30代の女性の主婦層を中心に肝機能が低下している場合が多いです。

 

最近の女性は、若い人を中心に糖分や脂肪分の多く含まれるスイーツを多く摂取するために、肝機能が年齢を重ねる度に低下をして、脂肪肝になってしまう人もいます。脂肪肝で肝機能の低下に繋がれば、最悪の場合は肝硬変や肝臓癌などの恐ろしい病気を引き起こす危険性もあります。最近はNASHと呼ばれる脂肪の原因による肝炎になっている人も多くなっていて、肝臓の重篤な病気への足がかりになっています。栄養バランスを鑑みながらの食事療法と運動療法で、根本的に生活習慣を変える事が大切です。

 

脂肪の中にも肝臓に良い物と悪い物があって、特に脂肪肝をもたらしやすい動物性の脂肪に関しては、肝機能の低下につながりやすいです。肝機能を年齢を重ねて落とさないようにするためには、できるだけ脂肪分の少ない食事を心掛ける事です。エネルギー源として、脂肪をどうしても摂取しなければならない場合、オリーブオイルや植物で出来た油などを活用する事が大切です。